触る実験

1.自分の「頭」を触る


リチャード・ラング

頭がないことに対する、よくある反論は、次のことです::

「なるほど、私には自分の頭は見えませんが、でもそれに触ることができます。だから、私はここに、頭をもっています」

では、このことを議論を通じてではなく、直接経験によって、探究しましょう。

私が自分の「頭」を触るとき、自分の指が消えるのが見え、それから触った感覚の経験が続きます。

あなたの「頭」を今、触ってみてください。あなたは何を経験しますか?

これらの感覚は、あなたの頭の表面で起こっていますか?-頭とは、固く、色のついた、形のある物のことです―それとも、広がった気づきの中でしょうか?

私にとっては、それらは広がった気づきの中で、起こっています。

ダグラス・ハーディンは、次のように言っています:

「もしこれらすべてが非常に視覚的で、実際、ここにあるこの固い物に自分は触ることができ、それが自分の世界の中心にある、何もないように見える虚空を満たしているという考えが、私に起こるとすれば、そのときには、私はこの物をなで、つねり、拳で殴り始める。しかし、それでもまだ私は、これが物ではまったくなく、まして、ピンクがかった白色で、毛がはえている不透明な一つの物であるとはまったく発見しない。代わりに、私は触覚の連続した感覚に気づき、それらは音、匂い、味などと同じく実体がなく、それもまたこの同じ空間の中で、来ては去っていくものである」(「心眼を得る」より)

もちろん、私は、特定の感覚が、たとえば私の口や私の耳などの外見として、他人には(あるいは私が鏡を見るときには、自分自身に)、現れることを知っています。もちろん、このことを知ることは重要なことです。それは、ここで私が感じることと、向こうの私の外見に直接的関係があることを、私が理解しているという意味です。しかし、この理解は、この世界で生きるために必要不可欠ではありますが、だからといって、中心で、私を他のあらゆるものから分離した一個の物にはしません。

2.物に触る


スティーヴ・マンロー

私たちは、自分が見たり聞いたりするものの外見を身につけるだけではなく、また自分が触るものの感触も身につけます―それを素早い実験をおこなうことで、見ることができます。

人さし指を出して、手近かにある物や表面を、触ってください。どんなものでもいいです―椅子、カーペット、自分の服など、何でもいいです。

ここで感じられることは、何ですか?

それは、あなたの指先の感覚と触られた物の感覚でしょうか? それとも、むしろ、たった一つの感覚、その物の感覚だけが存在しているのではないでしょうか? 布の感触、木の滑らかさなど。実際、あなたの指先は、それ自身を自分が触っている物へ、魔法のように変えたというのが、本当ではないでしょうか? あなたの指先が、あの物なのです! あなたの指先は、それがあの物の感触を身につけることができるために、自分自身を空っぽにしなければ、ならないのです。実際、そのことは、あなたの体の表面の皮膚と、もちろん、すべての感覚について言えることです。

これは、私たちに自分の現実の本質を示してくれる、もう一つの方法です。つまり、私たちの本質は、世界が起こるために、空っぽであるということです。

別の実験を続ける。

最初に戻る
Click here for FacelessFilms Japan
Click here for workshops with Richard Lang
Click here for details on the next Summer Gathering in the UK
Click here for information on online hangouts
Click here fora free e-course
The Youniverse Explorer is now available
Click here for our online shop
Click here to get the free Headless iPhone app
Click here for downloadable videos of Douglas Harding
Click here for the Latest News
Click here to Donate