時間がないところから、時間を眺める


リチャード・ラングによる文章

この実験をビデオで見る







自分の時計を見てください。時間の顔があります。時計の針は動きまわり、時間と分の移り変わりを示します。そこではすべては変化します。











自分自身を見てください―ここにはどんな顔もありません。この場所には、時間、年月の移り変わりを示す、どんな線もしわもありません。ここには、どんな変化もありません―この一なるものの上には、日付がありません。

その時計を自分のところへ引き寄せてください―それは消えてしまいます。向こうでの時間は、ここでの時間のなさに、取って変わられます。







片方の人さし指で時計の表面を指さし、もう片方の人さし指で、時間のない顔の不在を指さしてください。











時間が何時かは、あなたが世界のどこにいるかにかかっています。もしロンドンでお昼なら、ニューヨークは朝の7時で、サンフランシスコは朝の4時で、ニュージーランドは、真夜中の12時です…世界には時間帯があります。

あなたが今いるところは、何時ですか?

ここの「帯(ゾーン)」では、まったく時間がありません。ここ、あらゆる時間帯の真ん中で、あなたは時間のない一なるものです―常に時間がなく、それにもかかわらず、常に時間に満ちています。

すべての物事は、時間の痕跡をもっています。物はすり切れ、ひび割れし、壊れ、顔にはしわができ、体は固くなり、目は見えなくなり、耳はよく聞こえなくなります…しかし、あなたの本当の存在の中に、時間の痕跡を発見するでしょうか? 私は発見しません。私の不在の顔は、私が生まれた日、あるいは、生まれなかった日(!)と同じように、しわから解放されています。私の不在の体はまだ完全に柔軟で、私の静寂は完全に聞こえ、私の目は完全に明晰です…

この実験をビデオで見る

最初に戻る
Click here for FacelessFilms Japan
Click here for workshops with Richard Lang
Click here for details on the next Summer Gathering in the UK
Click here for information on online hangouts
Click here fora free e-course
The Youniverse Explorer is now available
Click here for our online shop
Click here to get the free Headless iPhone app
Click here for downloadable videos of Douglas Harding
Click here for the Latest News
Click here to Donate