自分の本質を見る


「ワークショップの実験
1970年代初期にコリン・オリバーによって書かれた文章

この文章は、その多くをダグラス・ハーディングと他の友人たちに負っています。この覚書とそれらが含む指針の目的は、あなたが幼い子供の頃は知っていたのに、それ以後忘れてしまったかもしれないもの、つまり、自分とは本当に何かという自分の本質に、あなたの注意を向けることです:

このアプローチはシンプルです。あなたの指が矢で、あなたが的です。

自分の足を指さしてください。あなたは足を見ます。自分の膝を指さしてください。あなたは膝を見ます。自分の腹を指さしてください。あなたは腹を見ます。自分の胸を指さしてください。あなたは胸を見ます。自分の顔を指してください。あなたは見ます……

誰かが私を見るとき、その人は顔を見ます。私がここを見るとき、私はまったく何も見ません。私の指先は、額(ひたい)だと私が想像しているものにどんどん近づいてきて、何もないなかへ消えていきます。

あなたの指先に、何が起こりますか?

誰かが私を眺めるとき、その人は二つの目を見ます。私自身の経験では、私は一つの目しか発見しません。

では、自分の目を数えてください。いくつの目から、あなたは眺めていますか? おそらくあなたは単一の目をもち、それはすべて透明です。そしてそこから眺めている人は、誰もいません。

自分自身を眺め、それから友人を眺め、その違いに気づいてください。

ここに3つの質問があります。あなたは顔対顔になっていますか? あなたの友人は顔をもっています。でもあなたは、顔をもっていますか? あなたは自分の前にある顔に対して、開かれている空間ではありませんか?

このことをさらに明らかにするために、底を切り落とした約30cmの長さの明るい色の紙袋を用意してください。あなたはトンネルを作りました。友人が向こう側に顔を入れ、あなたはこちら側に顔を入れ、お互いを見合ってください。

二つの質問をしてください:あなたは紙袋の中に、いくつの顔を見ますか? あなたの側は閉じていますか? それとも、開いていますか?


もしあなたが、自分の顔をどこに保管しているかを発見したいと思うなら、鏡を見てください。

あなたがいる空間は、明晰で間違えようがありません。いったんあなたが自分のアイデンティティを再発見し、納得がいったら、自分が望むときにはいつでも、調べることができます。

外側からは、あなたは人間に見えます。しかし、あなたの内側の眺めは、広々と明るいものです。これが、あらゆる人の物語ではないでしょうか? 非常にしばしば見過ごされてはいますが、ここは私たちみんなが一つである、私たちの共通の土台です。

あまりにも広いので、あなたは内側と外側を分ける境界線をもっていますか?

もしあなたの目が窓なら、それには枠がありますか?

あなたが自分の友人の顔に対して、開かれているように、あなたはあらゆるものに対して、開かれているのではありませんか?

目を閉じてすわって、自分の呼吸に注意を払ってください。

あなた自身の静寂さと沈黙に対して、あなたの呼吸の感覚が与えられています。

では、部屋の中か外の音に注意を払ってください。

カナヅチを叩く音、鳥の鳴き声から、あなたを隔てるものがありますか?

それらは、呼吸と同じように、自分の内部で起こっているのではありませんか?

あなたは思考と感情に何が起こるのか、尋ねるかもしれません。それらを閉じ込めるものが何もないので、それらは世界の風景の一部として、行ったり来たりするのではありませんか?

私は、特定の思考や感情に自分が執着できないことに気づきます。実体がないので、私は(執着する)どんな手段ももっていません。

あなたの本質の真実は、空っぽで不変です。実際に変化し、深まるのは、真実の認識です。

次の思考、「ここにあるものは、一度も生まれたことがなかった」が、あなたの心を打つかもしれません:

あなたの存在のこの明晰さ、この広大さを見て、あなたは不生以外のものを、少しでも見つけることができますか?

あなたがまさにいる物事の中心で、あらゆるものは管理されているのです。風で葉っぱがゆれ、木はしなります。あなたの心臓は鼓動し、あなたの手は道具を掴みます。これらすべてが起こる空間に、気づいてください。

ここはまた愛の源泉でもあります。自分が自分の友人たちであることは、彼らを愛することと、ほとんど同じことです。

確かに、あらゆることがドライな感覚で経験されるときもあります。また、世界が新鮮さと輝きを帯びるときもあり、そのときは、すべての物がそれ自身の存在で満ちています。

オレンジの皮をむくときに、注意を払ってください。その瞬間にいて、オレンジの色、感触、香り、味に敏感でいてください。

あなたがそれらを食べるとき、その断片はどこへ行きますか? それらは、口の中へと消えるのではありませんか?

どんな活動であれ、あなたが出現することは、決してありません。

この新しい開放性の中で、あなたは無限の霊感と創造性を発見することでしょう。

その創造性の一部は、他の人たちに真実を提供し、分かち合うことも含まれていることでしょう。これは一なるものが、自分自身の永遠に更新されている自己発見を祝い、喜ぶ方法です。

何が起こるか、見てください。

別の実験を続ける

最初に戻る

 
Click here for FacelessFilms Japan
Click here for workshops with Richard Lang
Click here for details on the next Summer Gathering in the UK
Click here for information on online hangouts
Click here fora free e-course
The Youniverse Explorer is now available
Click here for our online shop
Click here to get the free Headless iPhone app
Click here for downloadable videos of Douglas Harding
Click here for the Latest News
Click here to Donate