ここを指さす


リチャード・ラングによる文章
この実験をビデオで見る

あなたは本当に何でしょうか? 人々の目や鏡に映るあなたの姿ではなく、またあなたの信念、調査されない想定によるあなたの姿でもなく、あなた自身の直接体験において。

偉大な霊的先生たちは、あなたはあなたの見かけではなく―奥深いところで、ひそかにあなたの呼吸よりも近いところでは、あなたは世界のための受容能力である、と言っています。彼らは、あなた自身についてのこの素晴らしい真実を発見するためには、あなたは、子供が見るように、シンプルに無寂気に見なければならないと言います。いつでしょうか? 今です。

自分が本当に何かを見るために、次の実験を実行してください。

あなたが世界のどこを指さしても、あなたは外見を指さすことになります。あなたは自分が眺めるものから離れていて、あなたは物、対象物を見ます。このことを観察してください―それらを指さすことで、物に注意を向けてください。(次のイメージは、指針にすぎません―実際に実験をおこなうことが、絶対に必要です)



たとえば、私はこの部屋の形と色を見ることができます…









私の足の形と色を...







私の膝の形と色を...










私の胸の形と色を....






これらの例では、注意は外側へ、対象物に向けられています。






では今度は、他の人たちがあなたの顔を見るところを、指さしてください。




あなたは何を見ますか? あなたは今、内側を見ています―あなたの注意の方向を、向こうの対象物から、主体であるあなたへ、あなたがそこから見ている場所へ、180度転換してください。あなたは自分の顔を見ますか? そもそもあなたはそこに何かを見ますか?-何か色とか形とか運動とか。

他の人たちが私の顔を見る場所を眺め入るとき、私はどんな色も形も、ここに発見しません。私は、指さしている指のこちら側に、境界のない受容能力ないし気づきを発見します。

同時にこの受容能力は、ここで起こっているあらゆることで満ちています:私の指、私が眺める向こうの風景、音、感情…

私は今、自分とは本当に何かを見ています―自分自身のまさに中心に、境界のない一なるもの、その中で世界が起こっている一なるものを、見ています。

 あなたは何を発見したでしょうか? あなたもまた、この広く開かれた透明な気づきから、眺めているのではありませんか?


他の実験を続ける

最初に戻る
Click here for FacelessFilms Japan
Click here for workshops with Richard Lang
Click here for details on the next Summer Gathering in the UK
Click here for information on online hangouts
Click here fora free e-course
The Youniverse Explorer is now available
Click here for our online shop
Click here to get the free Headless iPhone app
Click here for downloadable videos of Douglas Harding
Click here for the Latest News
Click here to Donate