インタヴュー

左記に、ダグラス・ハーディングへのいくつかのインタヴューの抜粋があります。

この抜粋は1977年からのものです。



1977年のダグラス・ハーディングへのインタヴューより
リチャード・ラング がおこないました。

リチャード・ラング:あなたのメッセージは、世界において、何か新しいものですか?

ダグラス・ハーディング:答えは、「はい」であり、「いいえ」です。それは新しく考案されたどころか、深く伝統的です。それはおそらく、過去3千年間でまわってきた、永遠の哲学のただもう一つのヴァージョンです。永遠の哲学の基本的教義は、私とあなたは匿名で旅をしている神である、ということです。私たちみんなの本質は、あらゆるものの背後にあるたった一つの現実であるのです。それを神、仏性、アートマン・ブラフマンと呼ぼうと、何でもあなたのお好きなように呼んでください。私たちがやっていることは、ただこの永遠の知恵と結びつき、それを祝い、それから生きることだけであり、それはあらゆる偉大な宗教のまさに中心に見出されるものです。それは、認識されず、無視され、軽蔑され、否定されていますが、でもそこにあるのです。私たちは、この伝統をできるかぎりシンプルに、継続しているだけです。これが、あなたの質問に対する答えの前半です。

答えの後半は、はい、それには、何か新しいものがここにはある、ということです。もしそれが生き生きしたものであるなら、それは新しくなければならない、と私は思っています。この素晴らしい至高の洞察を本当に楽しんでいるあらゆる人は、そこに様々な場所からたどり着くのだ、と私は思うのです。本当に発見されるたびに、それはユニークな門を通じてなされ、私の門は、他の人の門とはまったく同じではないことでしょう。実際それは、はからずも、異なったものとなり、非常に重要な面において、本当の突破となりました。それは完全に現代的なアプローチであり、それ自身の新しく非常に有効な技術と私たちがワークショップと呼んでいる手順をもっています。もしそれがこのように現代化されないとしたら、それは、停滞した、半分死んだか、完全に死んだ伝統主義へと、陥っていく危険性があるように、私には思えるのです。それは古い古い話を語りますが、しかし、劇的に脱神話化された形で語ります。それは信頼できますし、今までの信じがたい飾りをそぎ落としました。歴史上のこの時期に、私たちはそれを限界まで脱神話化していると、言えることでしょう。ここに、永遠の哲学が本質へと明確化され、単純化され、削減されたものがあるのです――実験のおかげです。実験こそ、私たちがやっていることの中心にあるものです。

Click here for FacelessFilms Japan
Click here for workshops with Richard Lang
Click here for details on the next Summer Gathering in the UK
Click here for information on online hangouts
Click here fora free e-course
The Youniverse Explorer is now available
Click here for our online shop
Click here to get the free Headless iPhone app
Click here for downloadable videos of Douglas Harding
Click here for the Latest News
Click here to Donate