目を閉じた実験

リチャード・ラングによる文章

目を閉じて、第一人称単数現在形であるとは、どういうことかを探究してください。実際的な話、これをおこなう一番いい方法は、質問を読み、それから目を閉じて、自分の経験を調査することです。それから、また目を開けて、別の質問を読んでください…

目を閉じて…次のことを考えてください:

記憶、うわさ、想像によらないで、現在のあなた自身の経験によれば、あなたはどれくらいの大きさですか?

あなたはどんな形ですか?

あなたは、何かサイズや形があるでしょうか?

あなたは、境界がありますか?

あなたが終わって、世界が始めるところがありますか? それとも、あなたと世界を分ける線は、何もないでしょうか?

あなたはおそらく、遠くから近くまで、様々な音を聞くことができます。あなたは自分のいるところで、何かの音を聞きますか? 音は、あなたがいるところの静寂さの中で、行ったり来たりしている、のではありませんか?

あなたは、温かさ、不快さ、喜び、呼吸などなどの感覚を経験します。これらの感覚は、中心で、あなたを固形で限界のある「何か」-あなたの世界から分離した一個の物―にするでしょうか? あなたの中心には、何か固形で、不変ものがあるでしょうか? それとも、これらの感覚は、気づいている何もなさの中で、行ったり来たりするでしょうか? 

出来事がテレビのスクリーンの中で起きても、スクリーンそれ自身は無傷で定義されないままであるという意味で、この気づいている何もなさは、スクリーンのようではありませんか?

あなたの過去に何が起こっても、あなたは空っぽで明晰ではありませんか―今、起こっていることへの、受容能力ではありませんか?

感覚はどれほど大きいですか? それはあなたを定義したり、制限したりますか?

あなたの右足に注意を払ってください。それがどんなふうに見えるか、考えてください。
あなたはこの瞬間、自分の足を見ることができないので、そのイメージは記憶ではありませんか?

しかし、記憶をわきにおいて、今この瞬間のあなたの経験において、あなたの足の実際の感覚はどうでしょうか?

それは、どれくらい遠く離れているでしょうか? (どこからでしょうか?)

その境界は、正確には何でしょうか?-それは明確な端をもっていますか?

この感覚は、あなたの存在が終わるところにありますか? あなたはそれに限定され、その内部に閉じ込められていますか?

その感覚は、境界のない気づきの中で起こっていませんか? 

あなたは、この気づき、この淵のない存在ではあり、その中で、描写しがたく突きとめがたい、変わりゆく感覚が起こっている、のではないでしょうか?

あなたが目を開けているとき、向こうの顔対ここでの空間のように、今、目を閉じている状態でも、向こうの感覚対ここでの空間ではないでしょうか?

精神的活動-あなたの思考と感情-に、注意を払ってください。

それらはどこにありますか?

それらは、何かの内部にありますか? それとも、気づきの中にありますか?

それらはあなたにとって、中心にありますか? それとも、周辺的でしょうか?

それらが去ったとき、何かの痕跡を残しますか? それらは気づきのスクリーンの中で、行ったり来たりするのではありませんか?

私たちは、自分の心(マインド)と一体化し、私たちは自分の思考と感情である、と信じています。あなたの心(マインド)は、何かの内部に含まれていますか? あなたは、何かの中に含まれていますか? 

町の名前を考えてください。

あなたがそれを考える前に、その名前がどんなものになるか、あなたは知っていましたか? それはどこから来ましたか? それはどこで起こりましたか? それはどこへ行きましたか? 

惑星、友人、国家のことを考えてください。これらの思考は何らかの種類の容器の内部にありますか? それとも、境界のない気づきの空間の中で、起こっていますか?

私は、どんな起源も、どんな容器も、どんな行先も、発見しません。私にとっては、それらはどこからともなく―定義できない私の存在から―予告なく、努力なく現れ、この「何もなさ」へ消えて戻っていき、この「何もなさ」の上に、どんな痕跡も残しません。

私は、自分がどうやってそれをやるか、見当もつきません。これらの物事は、魔法のように現れます。

この何もなさ、一部の禅仏教の人たちが「無心」と呼んでいるものは、何と創造的でしょうか。努力もなく、予告もなく、思考とイメージがどこからともなく、私がどうやってそれをやるかも知らずに、現れるのです。

自分の感情に気づいてください。

今日の朝、自分がどう感じていたか、思い出してください。あるいは、昨日はどう感じていましたか。感情の流れは、常に変化しています。

自分の感情は、あなたにとって中心にありますか? あなたの感情は、気づきの上に何かの痕跡を残しますか? 困難な経験が、空間を損傷させますか? 

私の経験ではそうではありません。私の感情はどこにあるでしょうか? 私はここにどんな容器も発見しません。私の心は、この宇宙の中で自由です。

心のすべての複雑さと問題は、混雑過剰と密集から起こります。その治療は、それらを改善するのではなく、それが行きたいところへ、解放することです。私たちは、それが所属しているところへ、それを解放しています。なんという安堵でしょうか! それは、完全になったりしません。

別の実験を続ける。

最初に戻る
Click here for FacelessFilms Japan
Click here for workshops with Richard Lang
Click here for details on the next Summer Gathering in the UK
Click here for information on online hangouts
Click here fora free e-course
The Youniverse Explorer is now available
Click here for our online shop
Click here to get the free Headless iPhone app
Click here for downloadable videos of Douglas Harding
Click here for the Latest News
Click here to Donate