二方向指さし

リチャード・ラングによる文章




人さし指で外側の世界を指さし、もう片方の人さし指で、内側の自分の不在の顔を指さしてください。

外側を指さしている指は、無数の形と色で満ちている風景を指さしています。それは複雑なイメージです。あなたがより長く見れば見るほど、見るべきものがより多くなります。そしてほとんどが隠されています―他の物によって、何らかのやり方で、覆い隠されています。

こちら側の眺めは、違います。ここでは空間は、まったく隠されていません。あなたはそれを一度にすべて見ることができます。この写真では、私は向こうで部屋の一部が見えるだけですが、ここでは空間のすべてを見えます。ここは眺めるべきものが何もなく、何も隠されていません。また私がここでそうであり、あなたがここでそうである(と私は示唆します)この存在は、まったく離れてもいません。それはまさに、ここにあります。それは私の本質です。それは、私が決して失うことができない私の「部分」です。これを見ること以上に、これであること以上に、シンプルなことがありえるでしょうか? それは複雑ではなく、透明で綿密な調査に開かれていて、何よりもあなたに近く、そのすべてが与えられているのです…

これが本当のあなたではありませんか? あなたはあらゆるものに欠け、同時に、この無限に変わりゆく眺めの受容能力、この驚くべき世界の容器ではありませんか? それを発見するために、ただ眺めてください。ここの空間を見ることは、これ以上にシンプルになれないほどシンプルです。

人生への応用

自分が世界のための受容能力であることを見て、次回、あなたが複雑な、あるいは混乱した状況にいるときに、この受容能力、この明晰さから、その状況に注意を向けてください。あなたは、その状況の中に囚われている一個の物ではなく、そこで起こっているあらゆることに対する受容能力です。ここでの明晰さは、向こうでの混乱に影響されません。あなたは自分の最深の存在である明晰さと単純さに目覚め、そこに憩うことができます。あなたがこの明晰さから状況に注意を向けるとき、正しい反応が流れくることでしょう。しだいに、あなたは経験を通じて、あなたであるこの最深の存在を信頼するようになります。見かけは他の見かけと対立し、その資源は非常に限られていますが、しかし、本当のあなたは見かけではありません。あなたは他の物に対立する一個の物ではなく、すべてを取り入れる空間であり、世界がそこから流れてくる深淵です。

自分がそこから眺めている空間、あなたが実際はすでにそこから生きている空間に、気づく習慣を育て始めてください。大変な状況で、自分はこの状況のための空間であることに、気づいてください。あなたの本質に、答えを湧きあがらせる機会を与えてください。

二方向注意は、実用的です。困難な状況や問題への解決法は、一なるものに意識的に目を開くことからやって来ます。結局のところ、これらの困難な状況を発明したのは、一なるものですから!

他の実験を続ける

最初に戻る
Click here for FacelessFilms Japan
Click here for workshops with Richard Lang
Click here for details on the next Summer Gathering in the UK
Click here for information on online hangouts
Click here fora free e-course
The Youniverse Explorer is now available
Click here for our online shop
Click here to get the free Headless iPhone app
Click here for downloadable videos of Douglas Harding
Click here for the Latest News
Click here to Donate